親知らず

親知らず親知らずとは6歳臼歯(第一大臼歯)、12歳臼歯(第二大臼歯)の奥に生えてくる18歳臼歯のことです。
親知らずが生えてくる20歳前後には歯茎が被っていたりして細菌が溜まり、歯茎が腫れて痛みが出たり、横や斜めに生えてくるトラブルが出てくる場合があります。

キレイに生えた親知らずは必ずしも抜歯する必要はありませんが、横や斜めに生えていたり、将来的にトラブルを引き起こす可能性のある親知らずは、早めに抜歯しておくことによってトラブルの原因を取り除いておくことも重要です。

ここでは親知らず抜歯の手順から、重要なポイントをご説明します。ぜひ参考にしてください。

親知らず抜歯の手順

1・レントゲンで血管や神経の位置を確認する

親知らず抜歯の前には、レントゲンやCTを用いて親知らずの根の状態や血管・神経の位置を確認します。
抜歯の際には安全性を最優先に考慮し、事前に親知らずの状態を把握してから抜歯治療を行いますのでご安心ください。
また、レントゲンやCTで親知らずが神経に近い、あるいは重なっている場合は無理に抜歯すると麻痺がでることがありますので、その場合提携の大学病院を紹介させていただきます。

2・表面麻酔、部分麻酔をする

親知らずを抜歯する前に麻酔をします。その際に必ず、表面麻酔を施したのちに注射麻酔を行います。

3・親知らずを抜歯する

歯と骨の間には歯根膜(しこんまく)と呼ばれるクッションのようなものがありますが、抜歯の際には専用の器具を使用し、このクッションから歯を引き離すことで抜歯します。
麻酔が効いているため基本的には痛みはありませんが、痛みが出る場合は合図をしていただき、麻酔を追加します。

また、骨の奥に埋まっている親知らずを抜く際には周りの骨を削ったり、歯を割って小さくしてから抜く必要がある為、お口を頑張って開けていただく必要があります。

4・糸で縫って傷口を小さくする

親知らずを抜いた後は穴が開いた状態となるため、その部分に血液が溜まり、かさぶたができて歯茎が盛り上がってきます。
また、麻酔は1~3時間程度で効果が薄れてくることが多いため、麻酔が切れる前に痛みが心配な方は痛み止めをのむようにしてください。

5・ガーゼで圧迫止血をする

ガーゼで圧迫止血をすることで出血が早く止まり、痛みや腫れを最小限に抑えます。
血液をサラサラにする薬をのんでいる方は血が止まりにくいため、治療前後には薬の使用をご相談させていただきます。

6・翌日の消毒

出血が止まっているか、また感染していないかの確認を翌日行い、よければ消毒します。
薬は痛みや腫れの状態によって変えたり、増やしたりして、早く症状を改善するようにします。

7・1週間後に糸を取る

1週間ほど経つと親知らずを抜いた傷は小さくなってきますので、糸を取ります。 個人差はありますが、3~4週間で歯茎が完全に閉じ、また骨は3~6か月程度で回復し始めます。

痛みが取れない場合はドライソケットになっている可能性があります

施術後1週間が経過してなお、痛み止めを飲まないと耐えられないほどの痛みが残っている場合にはドライソケットになっている可能性があります。

ドライソケットとは親知らずを抜歯した穴に血液のかさぶたができず、骨が露出している状態のことであり、これは強いうがいをして血液のかたまりが流れてしまったり、うがいを繰り返した場合に起こります。
薬を飲んで様子を見るか、麻酔をし、出血させてかさぶたを作り治す処置を行います。

あきやま歯科医院

所在地

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-10 ニューハイツ青山301
050-5264-5279

ご予約・お問合せ


診療時間

日祝
午前
午後

午前 / 10:00~13:00 午後 / 15:00~18:30
休診 / 木・日・祝