根管治療

大切な歯を抜かずに・・・根管治療の大切さ

大切な歯を抜かずに・・・根管治療の大切さ根管治療とは、歯の神経が死んでしまった時、歯の根の中を消毒し、細菌が感染しないように薬を詰めて、神経が死んでしまった後にも歯を長く使っていくための治療です。
そして、実は、この根管治療が精密に行われるかどうかで歯の寿命は大きく変わってくるのです。

歯の治療をしても腫れや痛みが繰り返し現れ、いつまでも治らずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
これは、治療を行う医師が自身の経験や勘によって治療を開始し、原因が特定されないままに治療を進めてしまっていることが原因かもしれません。

残念ながら、現代の歯科界ではこうした「医師の勘」によって治療が行われる状況がしばしば見受けられ、医科では当たり前のように使用される精密な治療を行うための顕微鏡などは歯科にはまだ普及していません。

しかし、当院ではマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を使った精密治療の重要性にいち早く注目しました。

肉眼では見えない部分まで確認し、治療を行うことができる歯科用マイクロスコープを使用すれば、より精度が高く患者様にとって最良の結果に導く治療を行うことが可能です。

根管治療の種類

根管治療には、虫歯が進行して神経まで到達したときに行う「抜髄(ばつずい)根管治療」、何らかの原因により根管治療した根の先に膿がたまった時に行う「感染根管治療」、上記の2種類の治療をしても経過が良くない場合は「外科的根管治療」を行います。

抜髄(ばつずい)根管治療

細菌に感染した神経・血管を除去してこれらが通っていた「根管」の内部を洗浄・消毒し、薬剤を詰めて治療します。
いわば歯の基礎工事で、虫歯でダメージを負った歯が再出発をするための大事な治療といえます。

感染根管治療

一度根管治療をしているのに歯の根が炎症を起こしていて咬むのが痛かったり、レントゲンで歯の根の先端に膿(うみ)が溜まっている場合に治療します。
根尖病巣(こんせんびょうそう)といって歯の根の先端に膿がたまっている場合は、症状の強さに応じて根管治療をする必要があります。

いわば歯の根の再治療で、以前詰めた薬の除去や再洗浄をするため、抜髄根管治療よりも時間と手間がかかります。
ただ当院はマイクロスコープを使用しますので、精度の高い治療を行うことができます。
一般的な処置でできないものは外科的処置を行います。

また、なかには歯の根がヒビが入っていたり割れている場合もあり、レントゲンでは確認できないことがあります。この場合マイクロスコープで直接、歯の根の中を見ることによってヒビや割れを確認できます。
歯の根が割れている場合は残念ながら治療できませんので抜歯になります。

外科的根管治療

「感染根管治療」を行っても根尖病巣が小さくならない場合に行います。
根尖病巣ごと外科的に切除する方法をとります。
その後、切断した場所の根管に生体親和性の高い充填剤のMTAで封鎖して治療を終了します。

根管治療が必要な理由

歯の根をしっかり治療することは歯を残すためにとても重要です。
虫歯などが原因で神経を除去すると、歯に十分な栄養が送られず、枯れ木のようなもろい状態になってしまうためです。

栄養が届かなくなったもろい歯はささいなことでもダメージを負いやすいため、少しでも寿命を延ばすためには歯の根を治療し、土台から補強する必要があるのです。
いくら優れた被せものをしていても、歯の根がしっかりしていなければ十分な機能は果たせません。

自分の歯で咬むために歯の土台を整える治療。それが根管治療です。

根管治療に求められる精密さ

根管は100人いれば100通りの複雑な形をしており、かつ肉眼で確認できないほど細かいため、治療には精密さが求められます。

少しでも精密さに欠けると細菌が残ってしまい、根管治療として十分に成立しません。

つまり、再治療の可能性が出てきてしまうのです。ただでさえ小さい1本の歯の、中心部の奥深くの……という非常に細かい部分の治療になるため、マイクロスコープなしには精度の高い治療は行えないと考えています。
ただしマイクロスコープを使用しても100%治るわけではありません。根管が割れていたら治すことは難しいでしょう。

Column 
〜歯科用マイクロスコープによる根管治療の5つのメリット〜

歯科用マイクロスコープによる根管治療の5つのメリット当医院では、治療の精度を上げるため、マイクロスコープと拡大鏡を使ってより丁寧な治療を心がけております。通常3~6倍の拡大鏡から30倍のマイクロスコープを使って根管治療など精密さの求められる治療を行います。

マイクロスコープを使用した根管治療には次の5つのメリットがあります。

1. 明るく拡大することで感覚に頼らない確実な治療

経験則や勘に頼っていた頃は、患部がよく見えず治療箇所がずれてしまったり、健康な歯まで余計に削ったりしてしまうことがありました。
しかしマイクロスコープを使えば患部や状態を精密で正確に捉えられるため、必要最小限の患者様に負担のかからない治療が行えます。


2.治療の可能性が広がる

これまでは患部が確認できなかったために行えなかった部分において、診断も治療も正確に行えるようになります。
治せなかった部分も治せるようになる可能性が高まるのです。


3.再治療を減らせる

肉眼で見落としていた箇所の見逃しがなくなり、無駄な治療や不完全な治療がありません。
たとえば治りにくい歯の根の治療は、これまでレントゲンに写るくらいの大きなヒビでなければ診断できなかったため十分な治療ができずにいました。
マイクロスコープを使えば、見えなかったがために起こっていた再治療を減らすことができます。


4.痛みが少なく治りが早い

削るべき患部がごくわずかですむため、健康な歯を最大限に残すことができ、治療の痛みや腫れを最小限に抑えられます
傷口も小さいため治りが早くなることも期待できるでしょう。


5.医師の負担軽減

マイクロスコープはドクターにとってもメリットの大きい機器です。
口腔内を無理に覗き込むことがなくなったため、1回の診療でかかる身体や目への負担が減りました。
ベストコンディションをキープしながら治療に当たれるため、自然と治療の精度が高まります。

料金紹介

マイクロスコープを使用した治療

単根管

50,000円~

2根管

70,000円~

3根管

90,000円~

※1回につき1,000円いただきます。
※金額は全て税抜です。

あきやま歯科医院

所在地

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-10 ニューハイツ青山301
050-5264-5279

ご予約・お問合せ


診療時間

日祝
午前
午後

午前 / 10:00~13:00 午後 / 15:00~18:30
休診 / 木・日・祝