矯正歯科・小児矯正歯科

矯正歯科とは?

矯正歯科とは?矯正歯科では悪い咬み合わせや歯並びをキレイに整えたり、きちんと咬み合うようにする治療を行います。

咬み合わせと歯並びの改善には矯正装置を用いて、顎の骨や歯をゆっくりと動かすことによって実現します。
<!–
矯正治療には次のメリットがあります。 –>

<!–

 歯並びを治すことで咬み合わせ、つまり咬むという機能(咀嚼機能)が改善し、健康面で向上します。

 キレイな歯並びは、ブラッシングがしやすく、虫歯や歯周病の予防においても非常に重要な役割を果たします。

 キレイな歯並びはそれだけで人に好印象を与えます。また、ご自分の歯並びにコンプレックスを持っている方も精神面で向上していきます。

–>

こちらではそれぞれの治療法の特徴について解説していきます。ぜひ参考にしてください。

正しい歯並びで見た目も健康もレベルアップ

以下の項目に一つでも当てはまったあなたには、矯正治療をおすすめします。

 歯並びが気になる

 子供の歯並びが悪い気がする

 見た目が気になって無意識に手で隠しがち…

 昔、矯正治療をしていたが元に戻ってしまった

 咬み合わせが悪い

 歯並びが悪く、ちゃんと歯が磨けていなくて虫歯や歯周病になる

見た目だけではない!乱れた歯並びの悪影響

悪影響1. 食べ物をよく咬めない→消化器系に負担

歯並びが悪いと食べものをしっかり咬み切る、すりつぶすことができず大きいまま飲み込むことになり、胃腸に負担がかかってしまいます。その状態が続くと消化器系の機能が弱ってしまうことも。

悪影響2. 発音が聞き取りにくい

歯と舌の位置関係が悪くなり、すき間から息が漏れたり、舌っ足らずになったりします。しゃべりにくさ、そして聞き取りにくさにつながってしまい、会話にストレスを感じてしまいます。

悪影響3. 歯磨きがしづらい→むし歯・歯周病になりやすい

歯が綺麗な一列に並んでいればまんべんなくブラッシングできますが、歯が重なっているととたんにブラッシングしにくくなり、汚れがたまります。放っておくとむし歯や歯周病、口臭の原因になってしまうこともあります。

大人と子どもでの矯正治療の効果の違いについて

大人と子どもでの矯正治療の効果の違いについて専用の装置を使って歯や顎の骨を動かして、乱れた歯並びや咬み合わせを綺麗に整えるのが矯正治療です。
矯正治療をされる方は増えていて、「自分もやってみようかな」とはじめられる方も増えています。

「矯正治療は子どもがするもの」というイメージが定着していますが、そんなことはありません。
大人の方でも十分に効果が期待できます。

大人と子どもの矯正治療の違いは、成長途中にあるかどうか。
子ども(小児矯正)の場合、骨が軟らかくて動きやすいため、成長する力を利用して顎の正しい成長を促すことで、スムーズに治療できます。そのため、抜歯をせずに治療が終わるケースもたくさんあります。

大人は骨が硬く、歯が動きにくいので、成長する力がなく抜歯の可能性が高まり、時間は小児よりもかかります。ですが装置を正しく使えば綺麗な歯並びに整えられます。

大人も子どもも 矯正治療で口元に自信を持ちましょう!

あきやま歯科医院の矯正治療の特徴

矯正治療で得られる治療効果や感動は大きなものですが、その分治療期間が長く、費用もそれなりにかかるものです。
むし歯治療のようにとりあえず治してもらうというわけにはいきません。また、せっかく治療したのに元に戻ってしまうのはなんとしても避けたいこと。

納得して矯正治療を受け、治療後の快適さや喜びをずっと持ち続けていただくために、当院では相談前・後のサポートを丁寧に行っています。

矯正治療の流れ

1. ご相談

あなたの(お子様の)歯並びはどんな状態にあるのか、関係する顎関節などはどういう状態なのかを検査し、現在の歯並びについてのお悩みをお聞きします。

おおまかな治療計画を立て、おおよその治療費のお見積もりをお出しします。

その後、ご自宅にて検討していただき、治療を決意されたら次回予約日には歯の型取りや口腔内写真やレントゲン写真の撮影などの検査に入っていきます。

2. 検査

あなたの(お子様の)歯並びはどんな状態にあるのか、関係する顎関節などはどういう状態なのかを検査し、現在の歯並びについてのお悩みをお聞きします。

3. 診断

おおまかな治療計画を立て、おおよその治療費のお見積もりをお出しします。 最終的には、ご本人、ご家族と相談の上、決定いたします。

4. 治療開始

矯正治療は、顎の成長がある場合(お子様)と、 顎の成長がほとんどない場合(大人)とで内容が異なります。

5. 治療間隔

矯正装置の調整は、2週間に1度行います。 1回の治療時間は30分ほどで終わります。

6. 治療期間

治療期間は治療の難易度によって大きく変わります。1年半から2年というのが一般的な目安となっています。また、治療期間には個人差があり、動かす量が大きいと期間が長くなります。

7. 保定、経過観察

一般的に、治療後一定期間はリテーナーという保定装置をはめていただくことで、歯の後戻りを防ぎます。矯正治療で歯を動かしても、歯は常に力が加わっている方向に動き続けています。舌の癖や態癖(頬杖、片側咬み、姿勢などの癖)の影響で歯が元に戻ろうとしてしまうため、歯の移動を防ぐために使用します。
また、リテーナーを入れることが煩わしい場合、歯の裏の見えない位置にワイヤーで固定します。

当院で取り扱う矯正装置

セラミックブラケット

セラミックブラケット


特徴

形状はメタルブラケットと同じですが、色・質感ともに歯に近いセラミック素材でできています。ただし、ワイヤーは同じであるためまったく気づかれないというわけではありません。

治療期間

★★★★

見た目

★★★

費用

700,000円 調整料1回 6,000円

メタルブラケット

メタルブラケット


特徴

矯正治療と聞いて一番にイメージされるのがこの装置でしょう。見た目には目立つものの薄くて丈夫で、比較的短い期間・割安な費用で治療できます。

治療期間

★★★★★

見た目

★★

費用

680,000円 調整料1回 6,000円

裏側矯正

裏側矯正裏側矯正 裏側矯正


特徴

歯の裏側にブラケットを装着する方法です。表からは装置が見えないので、他人に気づかれたくないという方には最適です。しかし治療には技術力が求められる分、費用は割高で、また通常のメタルブラケットと比べると治療期間は2~3倍と長くなりがちです。 装置をつけて話すのに慣れるまで半年~1年はかかります。歯の裏側に装置をつけるので舌が傷つくため、話す仕事の方には不向きです。

治療期間

見た目

★★★★★

費用

1,200,000円~ 調整料1回 10,000円

マウスピース矯正

マウスピース矯正


特徴

ブラケットのような固定式ではなく、透明なマウスピース型の取り外しができる装置です。見た目にはほとんどわからず、また食事のときには外せるため普段通りにブラッシングできます。ただし、症状によっては適用できないことがあります。

治療期間

★★

見た目

★★★★

費用

上下600,000円~ 調整料1回 250,000円

MTM(部分矯正)

特徴

1本~数本の歯並びだけを整える矯正治療です。「ここの歯並びは治したい」という方には、最適な治療だと言えます。

治療期間

★★★★★

見た目

★★

費用

100,000円〜 調整料1回 3,000円

あきやま歯科医院

所在地

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-1-10 ニューハイツ青山301
050-5264-5279

ご予約・お問合せ


診療時間

日祝
午前
午後

午前 / 10:00~13:00 午後 / 15:00~18:30
休診 / 木・日・祝